お金を借りる時の名義人|トラベルプリペイドカードのメリット|海外旅行が楽しくなる

トラベルプリペイドカードのメリット|海外旅行が楽しくなる

お金を借りる時の名義人

ウーマン

収入があれば本人名義OK

主婦がカードローンを利用する時は、普通は収入のある家族、たとえば配偶者の名義などで申込みをすることになります。ただし専業主婦でなく、仕事をしていて、自分の収入がある主婦も結構多いでしょう。そのような場合は、本人名義の収入があるわけですから、配偶者名義ではなく、本人名義で借りることができます。もし正社員でなく、パートタイムや内職であったとしても、収入さえあれば、審査基準の緩い消費者金融を利用することで、通る確率は高くなります。また不動産収入などがあって、毎月決まった額のお金が入って来る人の場合も、申込みは可能です。もちろん申込みの前に、本人確認や収入証明をきちんと準備して、個人情報の記入または入力は、間違えないようにしましょう。

配偶者名義で申込む場合は

しかし専業主婦の場合は、自分名義の収入が無いので、配偶者名義で借りることになります。配偶者名義でカードローンの申込をする時は、もちろん配偶者の本人確認や給与明細を提出することになります。また審査も、配偶者の個人信用情報をもとにしますので、もしその信用情報にブラックが登録されていたような時は、審査に落ちる確率が高くなりますので、気を付けるようにしましょう。それから、配偶者名義で消費者金融のカードローンを利用する時は注意が必要です。消費者金融には総量規制があり、配偶者の名義で借りる時には、事前に同意が必要になるからです。もし同意がない場合はカードローンの利用ができませんので、総量規制対象外の消費者金融、または銀行を利用することになります。

このエントリーをはてなブックマークに追加